2017年06月04日

六甲全山縦走にチャレンジ

6月4日(日)、六甲全山縦走にチャレンジしました。

足の怪我で参加できなかった1人を除き、全員が参加いたしました。(足の怪我で参加できなかったHくん、来年もやる予定なので是非参加してください)

また保護者の方もお手伝い頂き、そのうち2名のお父さんがスカウトとともに歩いてくださいました。

スカウトたちは、須磨浦公園を出発し、自分の力量に応じて六甲最高峰を目指す班と、宝塚を目指す班とに分かれて歩きました。

ちなみに最高峰までで約40km、宝塚までで公称56kmの道のりです。途中補給ポイントで水分や、食料を受け取りながらひたすら自分のゴールを目指して歩きます。

結局早朝6時に須磨浦公園を出発して、最高峰班ゴールが19時頃、縦走路走破班ゴールが22時前となりました。

今回、自分の力量に応じてゴールを設定したおかげか、脱落者は0。みんな最後までよく頑張りました。(お父さんも1名走破しました!)

最高峰をゴールに設定したスカウトも来年は宝塚まで走破したい!と思ってくれたら嬉しいですし、宝塚まで走破したスカウトも、タイムを縮めたい!と来年も参加してほしいです。

また最後まで来るまで移動しながらスカウトを見守ってくださった保護者の皆様、早朝から夜遅くまでありがとうございました。実施できたのも皆さんのおかげです。

当日お手伝いできなかった保護者の方も、都合がつけば、来年スカウトたちを近くで見守ってやってください。



▼出発時の様子
IMG_0697.JPG

IMG_0693.JPG


▼高倉台団地を通過中、両班ともにまだまだ元気です。
IMG_0700.JPG

IMG_0699.JPG


▼東山から妙法寺近くの公園へ降りてきたところ
IMG_0704.JPG


▼妙法寺近くの公園で休憩&補給
IMG_0703.JPG


▼再度山大龍寺での休憩
IMG_0706.JPG


▼極楽茶屋跡到着
IMG_0708.JPG

IMG_0710.JPG


▼極楽茶屋跡からの眺望
IMG_0709.JPG


▼六甲最高峰に無事到着。
IMG_0711.JPG


▼六甲最高峰から夜景をバックに。
IMG_0716-001.JPG


▼無事宝塚駅に到着。最後元気に走ってゴールしました。
IMG_0717.JPG

IMG_0718.JPG


▼最後に宝塚駅をバックにみんなで集合写真
IMG_0720.JPG

IMG_0723.JPG

posted by 白峰カメラ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

福知山廃線跡ハイキング

5月28日、カブ隊が福知山の廃線跡をハイキングしました。

トンネルではライトをつけて歩きました。トンネル内はひんやりと涼しかったです。
1497167608059.jpg

橋も渡りました。工事が終わり、橋の真ん中を渡れました。
1497167789220.jpg



posted by 白峰カメラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ隊の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

BBTキャンプ

3月25日〜26日まで洞川教育キャンプ場でBBTキャンプを行いました。
寒い時期のキャンプでしたが、笑い声の絶えない楽しいキャンプとなりました。

みんなで協力してテントを設営します。
image1-001.JPG


夕食はカレーライスを作りました。
image2-001.JPG




キャンプファイアのあとには大きなマシュマロを焼いて食べました。
image3-001.JPG




朝礼ではリーダーの話をしっかりと聞いています。
image2(1)-001.JPG




今度はボーイ隊の活動で会いましょう!
image1(1)-001.JPG


2017年02月26日

ヴェラ・バークレイ

カブスカウト100周年でカブの歴史を調べている中で、ヴェラ・バークレイ(1893–1989)という女性を知りました。


1912年19歳でスカウト運動に参加。第一次世界大戦で男性指導者が抜けたボーイ隊を任される。その後、カブ部門の試行隊「ジュニアスカウト」の指導者に。

イギリス連盟機関誌への投稿をきっかけにB−Pに見いだされ、1916年、 イギリス連盟のカブ事務局次長に。

4年間、連盟誌にカブに関する記事を書く一方で、B−Pと共にウルフカブハンドブックの編集、カブ部門のプログラム確立にも携わる。

第一回ジャンボリー(1920)では500人!のカブコールをリード、シルバーウルフ章(イギリス連盟の最高の賞)を受賞。


カブ部門のスタートから、ヴェラだけでなく多くの女性がカブ隊の指導者となりました。

現在のスカウティングでは当たり前ですが、100年も前から “ボーイ” スカウト運動に参加する女性が何人もいて、スカウト運動をB−Pと共に作り、守り、育ててきています。

日本にも戦前や再開直後に同じような役割を果たした女性リーダーが、きっと大勢いたのでしょう。あまり意識されていない「盲点」かもしれません。


Vera Charlesworth Barclay (1893–1989)
Vera_Barclay.jpg



posted by 白峰カメラ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

ローバーでスノボに行ってきました!

2月20日〜23日、ローバーとローバーOBで長野県にスノボ・スキーに行ってきました。
天気にも恵まれ、雪もフカフカで、満喫できました。
きれいな景色をバックに写真を撮りましたが、誰が誰だかわかりませんね…

IMG_1301.JPG


posted by 白峰カメラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローバー隊の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

B−P祭あとのBBT

この日は、ハイキングに行く際の持ち物について考えたり、ロープのもやい結びを練習したりしました。ボーイ隊から派遣されたBBTコーチの先輩からロープ結びを教わりました。
IMG_3394.JPG

IMG_3393.JPG



途中寒かったのでリーダー対スカウトのしっぽ取りゲームをして体を温めました。
IMG_3391.JPG

カブスカウト100周年のB−P祭

1916年12月にウルフカブハンドブックが発行されたことから、今年のB−P祭のテーマはカブスカウト100周年としました。

カブには“パック”や“デン”といった言葉、“うさぎ”“しか”“くま”といった動物が欠かせません。

なぜか?

そのわけを、「ジャングルブック」と「足がら山物がたり」の2冊を通じて知りました。

「足がら山物がたり」を書いた井上茂さんが、15団の発足当時にボーイ隊の隊長であった事は「発見」でした。


▼ビーバー隊の「ジャングルブック」スタンツ
IMG_3373.JPG


▼カブ隊の「足がら山物がたり」スタンツ
IMG_3387.JPG

IMG_3378.JPG



▼RS隊によるスクイズでは、スカウト活動に関するクイズがなんと100問用意されていました。
IMG_3380.JPG


posted by 白峰カメラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 団全体の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

雪が降るハイキング

2月12日(日)早朝よりハイキングに行ってきました。

阪急甲陽園駅を出発して、ゴロゴロ岳〜奥池〜東おたふく山〜雨ヶ峠〜五助堰堤と歩き、阪急御影駅で解散しました。

午前中は晴れていましたが、午後から一時的にかなり吹雪いてきました。

吹雪く前から、先週からの寒波で登山道(特にゴロゴロ岳から雨ヶ峠付近まで)は雪が積もり、道も凍結している箇所が多かったです。

スカウトたちは慎重に歩きつつも、雪合戦をしたり、景色を見たりして楽しみました。

このハイキングで年に一回いるかいらないか微妙なところですが、軽アイゼンを隊もしくは団で持っておきたいと感じました。

また途中両班ともに、道に迷うことがあり、迷わないためにどうすればよいか、迷ったらどうするかということについて改めて考える良い機会となりました。

5月の六甲縦走に向けてまた一歩準備を進めることができました。


▼手旗信号は定期的にやらないと忘れてしますので取り入れています。
IMG_3333.JPG

▼凍結した登山道(雨ヶ峠〜五助堰堤間)を歩くスカウト。運動靴なので慎重に下っていきます。
IMG_3353.JPG

▼五助堰堤ポイントにて、小屋掛けの中で待っているリーダーが寝ていました。
IMG_3360.JPG

▼ちなみに吹雪きだすとこんな感じでした。
IMG_20170212_173919.jpg


posted by 白峰カメラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイ隊の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

恒例になりつつあるキンボール大会参加

1月28日(土)に行われたキンボール大会、参加し始めて早いもので今年で3年目。すっかり恒例イベントとなりつつあります。

雲中小学校の体育館を舞台に何十チームも参加する大きな大会となってきました。

意外とこのキンボール、激しいスポーツで、けがが心配されるほど。ついつい大人も本気になってしまします。

毎年参加しているので上達したかどうかはわかりませんが、作戦面はずいぶんと進化してきたように思います。

IMG_3306.JPG

IMG_3320.JPG


posted by 白峰カメラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸地区・県連盟などの活動参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする